税理士について

税理士試験情報

わが国の税理士制度では税理士の使命が重要だと考えています。そのため、税理士になるためには一定の資格が必要になります。そのひとつが税理士試験に合格することです。

税理士試験については、受験資格・試験の目的・試験科目・試験の執行等を税理士法に規定しています。

受験資格

学歴や職歴などによって異なりますので、ご確認ください。

目的

税理士試験は、税理士となるのに必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定することを目的としています。

試験科目

税法科目(所得税法・法人税法・相続税法・消費税法・国税徴収法等)のうち3科目(所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択すること)、簿記論と財務諸表論の会計2科目の5科目です。

なお、一度に5科目を受験する必要はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっています。

合格

基準は、各科目とも満点の60%です。

合格科目が、会計2科目及び税法3科目の合計5科目に達したとき合格者となります。

国税庁

http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/gaiyo/gaiyou.htm

http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/shikaku/shikaku.htm

日税連

日税連HP

平成28年度の合格者数

今年は全国で756名(内女性192名)の方が合格されました。

国税庁HPより

http://www.nta.go.jp/sonota/zeirishi/zeirishishiken/shikenkekka2015/01.htm

ページ上部へ