税理士について

税理士制度について

税理士制度は、税務に関する専門家としての能力と人格を有する税理士が、国民・納税者の信頼を受けて納税義務を適正に実現し、その結果として、申告納税制度の円滑かつ適正な運営を図ることを目的として設けられたものです。

この制度では、税理士の使命の重要性を考え、「税務代理」、「税務書類の作成」及び「税務相談」の業務を税理士業務と定め、それらを税理士の独占業務としました。そして、税理士となるためには一定の資格を必要とするとともに、税理士に対して責任と義務を課しています。

税理士制度は、昭和17年に制定された税務代理士法を基礎にして発足しました(今年で70周年になります)。その後申告納税制度が導入されて昭和26年に新たに税理士法を制定し改正を経て現在に至っています。

税理士のしごと~What's税理士

    
日税連HP

ページ上部へ